焼香(しょうこう) 焼香(しょうこう):大阪市立[北斎場]

焼香(しょうこう)とは、仏や死者に対して香を焚いて拝むことで、香の煙には人の体と心、霊前を清め供養するという意味があります。 霊前に焼香台を置いて参列者がそこまで進んで行い、抹香を1~3回のいずれかつまみ、つまんだ抹香を額に押しいただく事が一般的です。

ワンポイント

PAGE TOP