大阪市内には、民営や公営の斎場がありますがそれらにはどのような特徴があるのでしょうか

大阪市には公営の斎場と民営の斎場があります。そぞれの運営形態の斎場にはさまざまな特徴がありますが、それらを理解することで葬儀の無駄を省くことができます。また、公営や民営の斎場のほかにも葬儀を行うことができる選択肢がいくつかあるので、それらについても触れていきたいと思います。

大阪には様々な斎場や葬儀社があります。斎場や葬儀場には大きく分けて大阪市立北斎場のような公営のものと民営のものの2種類に分けることができます。公営の斎場と民営の斎場の違いはまず価格が異なることが挙げられるでしょう。大阪市立北斎場をはじめとする公営の斎場は、大阪市民や近隣の特定の市町村の住民であれば特別価格で利用することができるという特徴があります。一方で民営の斎場は、施設利用費は公営のものよりも高くなりますが、設備が最新のものであることが多い、などの特徴が挙げられます。

また、公営と民営の斎場の大きな違いの2点目としては、火葬場が併設されているか否か、という点を挙げることができるでしょう。大阪市立北斎場をはじめとする公営の斎場は火葬場が併設されていますが、民営の斎場には火葬場が併設されているケースはあまりありません。そのため、公営の斎場を利用すると、火葬場との移動が最小限で済むということができます。民営の斎場を利用し、火葬場だけ公営斎場のものを利用する場合、移動に使うバスなどをチャーターする必要があります。

葬儀を行う場所として、公営や民営の斎場のほかにも、いくつかの施設を選択肢に挙げることができます。例えば、地域の公民館などの集会場や、寺院、自宅などです。それぞれを利用する際にはいくつか気を付けなければならないことがあります。まず、地域の集会場を使う際は、地域の方たちからの理解や協力を得る必要があります。次に自宅を使う場合は、ある程度の広さがないと会葬者を招くことができません。最後に菩提寺以外の寺院を使う場合は、宗派によっては対応してもらえない場合もあるので、事前に問い合わせをするようにしましょう。

昨今では、寺院で葬儀を行う場合でも、宗派が違う場合でも葬儀を行ってくれる場合も増えつつあるので、何事にも問い合わせが重要となります。大阪市立北斎場のような公営の斎場や、民営のセレモニーホールでは、宗派を問わずに葬儀を行ってくれることがほとんどなので、心配する必要はそれほどありません。

葬儀は送る人の心が重要となる儀式です。斎場や葬儀社をよく比較検討することで、悔いの残らない葬儀を行うことができます。葬儀について事前に検討を行うことで、より良い葬儀をすることができるようになるといっても過言ではありません。まずは、斎場や葬儀社に気になることを問い合わせることが大切なのです。

PAGE TOP