コラム記事の一覧ページ

Point! ・亡くなった瞬間から相続は始まる ・手続きと時期の確認と書類の準備 相続法が40年ぶりの改正 2018年、民法の相続法の分野で、約10年ぶりに改正され、2019年1月より段階的に施行されます。残された配偶者の生活に配慮するなどの観点から、配偶者の居住の権利を保護する... 続きを見る

必要なときに手にできる死亡保険金 近年、死亡保険金の即日払いのサービスの利用者が増えています。これは死亡診断書のコピーの提出と支払請求書だけで、当日または翌日に死亡保険金が受け取れるというもので、サービス開始当初は500万円までだった死亡保険金の支払いも、1500万円まで支払われ... 続きを見る

葬儀後に必要な手続きのギモン 「こんなときはどうする?」「何のこと?」など、よくある疑問をQ&A方式で解説します。 Ⓠ故人の入院費は、医療費控除の対象になる? A.医療費控除の対象となります。しかし、準確定申告の医療費控除の場合だと、死亡日までに支払った金額のみが対象と... 続きを見る

Point! ・死亡後、故人の預貯金は相続対象となり、遺産保全のために凍結される ・金融機関は、葬儀費用の引き出しに応じてくれる場合も 役所へ死亡届を提出しても口座凍結はされない 非儀の打ち合わせ時に、「役所へ死亡届を出すと銀行が凍結されるので、ギリギリまで提出しないように」とい... 続きを見る

Point! ・遠隔地で役所に出向けない場合には、戸籍関係書類の郵送による交付も可能 ・切手を貼った通信用封筒、手数料分の普通為替を同封する 戸籍謄本や住民票を郵便で送ってもらう 戸籍関係の証明書は本籍地で、住民票関係の証明は住所地でしか申請できません。遠隔地で行けない場合などに... 続きを見る

Point! ・代理人に公式書類の取得を依頼するときは委任状が必要 ・委任状は請求者の直筆で書く 親族以外に依頼するなら委任状が必要 故人に関する手続きにはさまざまな書類が必要です。故人の除籍謄本、手続きする人の住民票や印鑑登録証明書などは提出する機会が多いので、まとめて取得する... 続きを見る

Point! ・個人が支払った医療費が年間10万円を超過した金額が控除される ・医療費申請には明細書を作成し、提出 医療費10万円以上が控除の対象になる 故人が自分とその扶養家族のために支払った医療費の自己負担額が原則として年間10万円以上かかった場合、超過した金額が200万円を... 続きを見る

Point! ・準確定申告は亡くなった年の1月1日から死亡日までの所得を申告 ・死亡後4か月以内に相続人が申告 準確定申告は死亡後4か月以内に行う 通常の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得について計算し、それに対する税金を翌年の2月16日から3月15日まで... 続きを見る

Point! ・死亡保険金の受け取りには支払請求の手続きが必要 ・死亡保険金請求は3年以内に 保険金を受け取るには請求の手続きが必須 生命保険には、生命保険会社の生命保険、郵便局のかんぽ生命、勤務先での団体生命保険など各種あります。 生命保険は加入していても、支払いの請求をしなけ... 続きを見る

Point! ・故人が老齢基礎年金の受給者なら、遺族基礎年金を受給できる ・老齢厚生年金受給者は中高齢寡婦加算もプラスされる 故人が国民年金のみに加入していた場合 故人が国民年金第1号被保険者で、老齢基礎年金を支給されていた場合、遺族は遺族基礎年金を受け取ることができます。この場... 続きを見る

PAGE TOP